NetHackの紹介 (2010/7/5)

見出し

ここ数週間で一気に暑くなってきて製作活動のペースががた落ちしたニシャスです。 というわけでゲームの紹介でもしますかね。 Scrnshot

紹介するのは「NetHack」というゲーム。
分類上はダンジョンRPGというのが適当でしょうか。細かく言えばローグライクという部類で、「不思議なダンジョン」シリーズと同じような感じのものです。 名前を入れて、職業や属性、種族を決めたら迷宮に放り込まれます(正確には自分で入っているが)。 敵を倒したりアイテムを拾ったりして成長しながら、迷宮の奥深くにある魔除けを取って来るというのが目的です。 Scrnshot2 20年以上も前から存在するゲームなだけに、今から見ると中々特徴的です。

そして死にゲーです。敵が強力な杖を拾って振ってくるなんてのは良くあることです。 それから空腹を満たそうと敵の死体を食べたら死んだとか、子猫や仔犬に襲われて死んだとか(最序盤はまず勝てない)……。 セーブは可能ですが、厳密には「中断」で、ロードしたらデータは消えます。つまり、「死んだら初めからやり直し」ということです。素晴らしい。 ニシャスは死にまくりで中々先に進みませんです。

Scrnshot3

1位のデータは敵がいきなり「死の杖」を振りかざしてきたという……

ちなみに大元のNetHackは英語ですが、ここで示しているのは「JNetHack」という、つまりは日本語版です。 覚えゲー(主にキー操作の面で)であるため取っつきにくい部分は否めませんが、やり出すとハマります。 ややマイナーな感があるんですが、楽しいので興味のある方はどうぞ。 ちなみにローグライクゲームは他にも結構あります。