NuoVH


NuoVHは、表計算ツールの連続データ機能で対応できない入力を補助するためのツールである。 NuoVH 使用画面

機能

可変数値の部分を"%d"、可変アルファベットの部分を"%s"と入れる。
それぞれに初期値を定義し、何回繰り返すかを指定して作成ボタンを押す。
結果が出力され、クリップボードにコピーされる。
区切りを改行にすれば、表計算ソフトで貼り付けた際に縦のセルに収まっていき、
タブ文字にすると横方向に収まっていく。
機能が単純なので、"1: 2: 3: 4:..."と、ただ単に番号を大量に出したいだけの時にも有効。
元々は会社で手の込んだ計算式を作ることになったがマクロでは面倒だったために作ったもので、
会社のパソコンのデスクトップに堂々と鎮座している。
別にゲームじゃないしいいでしょう。



プログラムのトップへ
サイトのトップへ