退

2009/08/02

今回の言葉は「寸退」だ。
読み方は簡単。すんたいである。意味もそんなに難解ではないと思う。それぞれの漢字の意味を単純に組み合わせるだけだ。
すなわち、「寸」が、……ええと、何だ? 長さの単位だっけ?
とまあ、「寸」の意味でつっかかるかも知れない。もっともこの辺はかなり個人差がありそうなので、難なく答えられる人も多いのだろうが。
「寸」は「すこし」って意味らしいんですよね。そう言われてみると「寸前」はちょっと前のことだし、「寸志」は少しばかりの贈り物。
で、その寸の字と退の字で組み合わせられるこの字の意味は、「少し退く」という意味になるわけだ。なんだ、カンタンじゃないか。
しかしこの言葉、使いますか? あんまり使わないでしょう。PCの漢字変換では単語自体が登録されていないらしく、出てこなかった。「すん」と「たい」で分けて変換されてましたからね。
ところでこの寸退という言葉、どのくらいの「ちょっと」に使われるんでしょうかね。
ちょっと戦っている敵が強いから「全軍寸退〜ッ!」って言われれば、それはもう数十メートルか数百メートルは退却するだろうと思うし、一方で「バーゲンの人混みから寸退」とか言ったときには数メートルで済みそうである。でもこう言うと何となく一種の潔さを感じますね。
因みにこの寸退、ものの勢いが少しばかり衰えるときにも使われる言葉のようなので、「我が社の○○分野が寸退」といった使い方も出来ると思います。
使い途はあるから、十分脱マイナー語できる素質を秘めているのかも知れない。

用例

・黄色い線から寸退、その距離30cm
・ここは私としても寸退いたしましょう





 前のマイナー語 次のマイナー語

マイナー語トップへ 
サイトのトップページへ