2009/05/29

記念すべき第1回で取り上げるのは「狭隘」に決めた。
さて、何と読むかお分かりだろうか。
1文字目は「きょう」だろうと考えた方は多かろうが、問題は2文字目である。
因みにニシャスはこの字を書いたことがなかった。他にどんな熟語があるかも知らない。
で、話は戻るが、読み方の正解は「きょうあい」だ。
この難解な2文字目は「あい」と読むのだ。
読者の殆どが3日後には忘れてしまいそうな漢字、そして読みである。
マイナー語紹介とか言っておきながら恐縮であるが、この言葉はそれなりに使われているような気がする。
知っている人は知っている、そういう類の単語なのだろう。
とりあえず、「きょうあい」と打って変換するとすんなりとこの字が出ると思う。

用例

・お前のような狭隘な心の持ち主は初めて見た
・狭隘な広間





前のマイナー語 次のマイナー語

マイナー語トップへ 
サイトのトップページへ